「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨を買ったり、売ったりすることによって利益を得る投資です。

売り買いの価格は四六時中上下しています。

これがマーケットです。

ラジオを聞いていると、ドル円やユーロ円のニュースが流れるケースがあります。

例としてあげると、「本日のドルは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で注文されているという意味ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを表現しています。

言い換えると、FXには買いと売りの価格が存在するのです。

売値のことをBID、買値のことをASKと表示しているFX会社もあったりします。

いつもは売値が小さく定められています。

自分が買うときには高く、売るときには安くなっています。

この差分をスプレッドといい取引会社の儲けのひとつとされています。

スプレッドの狭さはFX取引会社によって変わります。

スプレッドの差は投資家にとって出費になるので、低いFX業者をピックアップするほうが有利になります。

ただし、同じ取引会社でも場面によってスプレッドは大きくなったり小さくなったりします。

仮に普段はドルと円の組合せでたった1銭のスプレッドの差だったとしても相場の変化が激しい状況では大きくなったりする状況があります。

そのため、スプレッドの幅が狭いのと同時に、安定しているのが必要です。

近頃では固定したスプレッドの狭さを見せるFX会社も多数あります。

現実に取引会社の売り買い画面でリアルな為替相場をチェックしなければ判別できないので面倒ですがとても重要なことです。

貴重な投資資金を投資して売買するのですから現実の取引の前に興味を持ったFX会社の新規口座開設を全てして、提示されているスプレッドの狭さを確かめましょう。

同じ通貨ペアでもマーケットの条件によって、通貨のスプレッドの広さは異なることがあります。

通常、インターバンクマーケットで取引量の多い通貨ペアではスプレッドの広さが小さく、別のペアではスプレッドの広さが大きくなるのが普通です。

Copyright © 2002 www.justinforbriana.org All Rights Reserved.