民事再生による整理は住宅ローンなども含む多重債務の問題に悩む利用者を対象に、マンションを手放さずに金銭管理において立ち直るために債務整理の方法として平成12年11月に適用された解決方法です。この制度には、自己破産と違って免責不許可となる条件はありませんので浪費などで借金をしたようなときでも取れますし破産手続きをした場合は業務が行えなくなるような業種で働いている人でも制度の活用が行えます。破産宣告では住んでいる家を保有したままにすることはできませんし任意整理と特定調停では元金は完済していく必要がありますので、住宅ローン等も返しながら完済するのは現実として困難だと思われます。とはいえ、民事再生という手続きを選択できれば、住宅ローンを別とした負債額は少なくない圧縮することが可能ですので、十分にマンション等のローンを払いながらそのほかのローンを払っていくようなことができるということになります。しかしながら、民事再生という方法は任意整理と特定調停とは異なりある部分だけの負債だけを省いて手続きすることは考えられませんし、破産申請の際のように負債そのものが帳消しになるのでもありません。また、別の解決策と比較すると手続きの方法が複雑で期間もかかりますのでマンション等のローンを組んでいて住んでいる家を維持していきたい場合など以外の破産申告等といったそれ以外の整理方法がない時の最終的な処理として考えていた方がいいでしょう。

Copyright © 2002 www.justinforbriana.org All Rights Reserved.