車の事故はあなただけの事故と誰か別の人を巻き込む自動車事故が存在します。自分だけで起こした事故の場面では、あなただけで事故対応をするだけで終わりとなりますが他者が関与した車の事故はどちらにどの程度誤りが存在したのかを確かめて、その結果によって修理の費用や和解金等が決定されるので、自動車の保険屋さんの人にたってもらい交渉が不可欠です。一般的な車での事故状況で、それぞれにちょっとはミスがある状態が大多数でどちらか一方の手落ちを問うという場面は多くないようです。当然ながら赤信号で止まらなかったり、一時停止で止まらなかったなどはかなり大きな責任になりますが、被害を受けた人であっても落ち度があると言われます。自動車事故の際にはどの人の間違いで起きたのかという判断がかなり焦点にされますので、それを分かりやすく伝えるのが『過失割合』なのです。仮定として、先ほど記述した赤信号で進んでしまった、一時停止でもそのまま進んだ場面であるならば法の上では事故を起こした人にすべての過失があると見えますがその状況で事故の原因になった自動車が正面から来て正面を見て確認された時だとすれば自動車の事故の被害者でも注意不足があるとして1割ほどの手落ちが指摘されるかもしれません。よってこの条件では事故を起こした相手が9割、事故に巻き込まれた人が1割過失割合と結論付けされ数値が大きな側に過失が問われる事になるのです。そして交通事故の割合過去の自動車の事故の判例を目安として決定されることが大部分で、日弁連交通事故相談センターから示されている基準となる表等が元として利用されています。このような過失割合の、数字が大きければミス、結論として損害賠償金も大きくなってしまうので事故後の話し合いは事故に関わった人だけでなく保険屋さんの係りの方に加わってもらって冷静に協議することが大事です。

Copyright © 2002 www.justinforbriana.org All Rights Reserved.